無料
エロ
動画

夫婦の秘め事

妻とのSM・露出等のプレイを綴ったブログで、プレイ画像も満載です。

川沿いの道で



「スカートを捲り上げて足を広げて座ってごらん。」

大きく広げた足の間から、純白のパンツが見える。

「どうだ。白昼堂々、そんな格好をして嬉しいか?」

「はい。ご主人様。」

「もっと恥ずかしい姿にしてやるからな。」

「はい。お願いします。ご主人様。」



「よし、今度は立ち上がって尻を見せるんだ。」

Tバックのニットがどことなく湿っているように見える。

「もう、濡らしているのか。お前はほんと外でいやらしい

格好をするのが好きだな。気持ちいいか?」

「はい。気持ちいいです、ご主人様。気持ちよくてお○○

こを濡らしています。」



「よし。今度は乳房を出してみろ。」

「はい。ご主人様。」

「お前、もう乳首を勃起させているのか。まったくなんて

いやらしい女だ。」

「申し訳ありません。でも、気持ちよくて感じてしまうん

です。」

「そのまま、足を広げてみろ。」



「なんていやらしい格好なんだ。もっと恥ずかしい格好に

してやるからな。」



「パンツをずらして、オマンコを広げてみろ。そして男を

誘ういやらしい表情をするんだ。」

「ご主人様。見えますか。私のいやらしいお○○こを見て

ください。」



「なんていやらしいお○○こなんだ。マン汁が溢れている

じゃないか。」

「ご主人様、もっと見てください。見られるとすごく感じ

ます。」

「クリトリスもこんなに大きく勃起させて、お前のような

はしたない女は見たことがないぞ。」

「ご主人様、感じます。もっと言葉で苛めてください。」



「お前にパンツなんて必要ない。さ、早く脱ぐんだ。」



「どうだ。パンツ濡れているか?」

妻は、パンツのニットを指で触りながら、

「はい。いっぱい濡れています。」

「誰がそのパンツを濡らしたんだ。」

「私です。私のお○○こからいやらしいお汁を出して濡ら

しました。」

「よし、濡れたパンツを渡すんだ。」

私は妻からパンツを受け取るとそのまま川に向かって投げ

捨てました。



「さ、スカートを捲り上げ、乳房を露にしてそのまましば

らく散歩するぞ。」

「はい。ご主人様。」

妻はこの後、数百メートルこのままの格好で私と一緒に散

歩したのです。


立ち縛り洗濯バサミ責め



「ううう。あああ。ご主人様、痛くて気持ちいいです。」

妻の喘ぎ声が部屋中に響きわたる。

妻を立ったまま縛り上げて、乳房やラビアに洗濯バサミを

挟む。

痛みに耐えている表情を見せながらも体は縄によって締上

げられる心地よさにしっかり感じている。



しばらくこのまま放置すると、妻の表情から苦痛はなくな

りうっとりした快感の表情に変わっていく。



妻は自ら体を小刻みに動かし、締上げる縄の感覚を楽しん

でいる。



「あああ。ご主人様、気持ちいいです。とけちゃいそうで

す。頭が変になりそうです。」



「こんなに縄が食い込んでいて、ラビアを洗濯バサミで挟

まれていて痛くないのか。こんなことをされてもお前の体

は感じるのか。お前はいやらしい変態メス犬だな。」

「ご主人様、もっといやらしい言葉で私を苛めてくださ

い。ご主人様がおっしゃるように私は、変態メス犬です。」



「ほらもっと感じろ。もっと大きな喘ぎ声を上げるんだ。」

「あああ。ご主人様。気持ちいいです。ああああ。」



「あらあら、乳房がこんなになっちゃってるよ。ほんと痛

そうだな。」

「ご主人様,痛くないです。気持ちいいです。私は変態で

すから。」

「そうだな。お前は変態だな。こんなことで感じる女なん

て正常だとは言えないもんな。変態だったら変態らしくもっ

といやらしく喘ぐんだ。」

妻の喘ぎ声がいっそう激しさをます。





そして、獣の叫び声とも思えるようなすさまじい喘ぎ声を

上げながら絶頂を味わったのです。

ラビア開き



お○○こを責める方法にもいろいろあると思いますが、特に

私は、洗濯バサミを使った責めに興奮します。

以前、海外のサイトで直径30cm位のリングにゴムの付いた

洗濯バサミが8つほど付いていて、ラビアに洗濯バサミを挟

むとゴムで引っ張られ、広がる責め具を見たことがあります。

同じような責め具を自作しようかとも思ったのですが、まず

は洗濯バサミによるラビア開き責めの妻の反応を見てからに

しようと思い実行しました。

左のラビアを指で摘みながら洗濯バサミを一つ、また、一つ

と付けていきます。

「うっ、あああ。」

妻は苦痛と快感が入り混じった呻き声を漏らしています。

左のラビアに5つの洗濯バサミを付け終えた後、ラビアが広

がる様に洗濯バサミを手で押さえながら縄で固定しました。

固定している最中、妻は

「あっ、痛い。ご主人様、痛いです。お許しください。」

とかなり苦痛を感じている。

「お前はこの程度の痛みに耐えられない女じゃないよな。

泣き言を言わず我慢するんだ。いいな。」

と言いながら、右側のラビアにも同じように洗濯バサミを挟

んで縄で固定しました。

そして、勃起した剥き出しのクリトリスを指で摘みながら、

「ここにも欲しいだろ。どうだ?」

「はい。ご主人様、欲しいです。」

「何をどうして欲しいのかはっきり言ってみろ。」

「私の大きくなったクリちゃんを洗濯バサミで挟んでくださ

い。お願いします。ご主人様。」

私は、妻の反応を見ながらクリトリスを指でぐりぐり押し潰

すように摘み、妻がいく寸前に洗濯バサミを付けました。

「あああーーーーー。痛いーーーー。ううううううう。」





妻の苦痛もそう長くは続かず、やがて快感に変わっていきます。

「あああ。気持ちいい。ご主人様。」

「さっきは、痛いと言っていて、今度は気持ちいいか。どっ

ちが本当なんだ?」

「申し訳ありません。気持ちいいです。とっても気持ちいい

です。」

「気持ちが良かったらそのままいってみろ。」

しばらくそのまま妻を放置していると、

「あっ、あっ、いく、いっちゃう、ご主人様。あーーー。」

絶頂を味わった妻のお○○こからはマン汁が溢れ出ていまし

た。写真で解かりますか?



「サイトに訪問して、洗濯バサミで広げられているお前の

お○○この写真を見ている大勢の人のことを想像しながら

いくんだ。いいな。」

クリトリスに付いた洗濯バサミをゆっくりと外していくと

「あ、痛いーーーーーー。」

長い間、洗濯バサミを付けていると外すときにかなりの痛

みをともなうんですよね。付けても外しても苦痛に耐える

妻の表情が見られるので、洗濯バサミって、ほんと、楽し

い責め具です^^;



「ほら、みんなお前のお○○こを見ているぞ。嬉しいか。」

「はい。嬉しいです。私のお○○こもっと見て。」

妻のお○○こから徐々にマン汁が溢れ出し、そして

「あ、見て、見て、見て。いっちゃう。あああーーーー。」

マン汁を垂れ流しながら絶頂を迎える妻でした。

妻のマン汁を垂れ流すいやらしいお○○こを穴があくほど

見てやってください。

妻はそれを望んでいますので。


 | HOME |  »

Calendar

02 | 2008-03 | 04
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Appendix

うどん

うどん

夫婦でSM・露出等のプレイを楽しんでいます。
妻も最初は嫌がっていましたが、今では調教の甲斐あってか、私好みのM女に成長しました。

利用規約

このブログを通報

Report Abuse


エログ

フルHDエロ動画

ブログ

チャットレディーブログ

DXJOBのお仕事

アダルトSNS モンロー

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

close